ブリスヴィラ歳時記 波佐見に住まう - 春の色 -

20190214-4.jpg明け方、雨音で目が覚めました・・

カーテンを開けると、二つ岳を駆け上がるのは春霞・・
霞か雲か・・立春が過ぎた今、あれは確かに春霞なのだ・・と、しばし、その霞が立ち上る様に見とれていました

雨も上がったところで、外に出たくなり、折り畳み傘を持って、散歩に出てみました

湿潤な冷たい空気を思いっきり吸い込み、それを通り抜けて来る光に、春の明るさを感じ取ります

西から青空が出て来て、やっぱり傘は必要なかったか・・と、いらぬ荷物にちょっと後悔


ホテルブリスヴィラの周りには、借景が沢山あります
それは、ブリスヴィラに彩を添え、今の波佐見の季節を静かに教えてくれます

建物の裏手にある梅と桃は、桃色のグラデーションをなし、今が満開
ホテルの外壁の色を背景に、花の色が映えるのは、地元に馴染んでいるようで嬉しい景色です

深紅の帯締めと帯揚げを、もう少しの間と思って絞めていましたが、
外の景色に押されるように、桃色に替えました

北の厳冬のニュースをよそに、この辺りは暖冬の様相が濃く、
今年の中尾山の桜陶祭は、例年より繰り上がって、3月30日と31日を予定しています

そこもここも、春本番の支度中です

2019.2.14 KANZAアドバイザー 中西 智子

20190214-2.jpg 20190214-5.jpg
20190214-3.jpg 20190214-1.jpg