ブリスヴィラ歳時記 波佐見に住まう - 朋、遠方より来たる -

20190819-01.jpg「中西さん?ぼく、覚えてる?」

いつも通り、エントランスのドアが開く音がすると「いらっしゃいませ」と、お迎えのご挨拶をしている日常で
入ってらしたお客様に声をかけられたこの一言に、その人の顔をよく見て、びっくり!
小学校からの幼馴染の男性でした

30数年ぶりの再会・・・

20190819-02.jpg「福岡に帰る途中、寄ってみたんだ。ドキドキしたけどね・・ブログ、読んでますよ・・」

学生服姿の思い出の中で、その面影を探り、同窓生に違いない・・と確信

遠慮するその友人を、KANZAへ招き入れお茶を点て、しばし昔話に花が咲きました・・


今年の夏は、こういう再会が2回ありました

なぜ今か?
子供たちも自立し、家族旅行をしなくなって、自由の身になり
しかも、尋ねてくることができるというのは、家庭が平和な証・・

幸せな今の時間を過ごす同窓生に会った、という事です・・

年月を経た再会と言うのは、勇気がいるものです
今の姿を見られるのも、相手を見るのも・・

でも、会ってしまえば、別れ際には、握手を交わして「またね!」と言える間柄になり
一歩前進したつきあいが始まります

お盆は、ご先祖様と過ごすひととき・・、そして
懐かしいご縁を引き寄せる季節でもありました

突然やってくる再会に向けて、やはり日々の過ごし方が大切なのだと感じたことでした・・・

2019.8.19 KANZAアドバイザー 中西 智子