ブリスヴィラ歳時記 波佐見で食す - 芋の美味しい季節 -

20191024-01.jpg湯治楼で、美味しいもの自慢が始まります

天候不順で、農作業がままならないこと、
野菜の収穫が、例年通りにはいかないこと・・
日々、自然と対峙する農家の方は、自然の移り変わりに、より敏感です

それでも、豊作のものもあり、
「美味しかとよ~」
と、ご自慢のお野菜は
赤い里いも!

「美味しそうですね!」
わいわい話が盛り上がると、翌日には、採れたての野菜が届くのが嬉しい事!

小さな赤い里芋に混じり、、
大きな親芋は、切り口が真っ白!
夏の名残のピーマンまで、おまけに付けて頂きました

20191024-02.jpg親芋は、子芋のねっとり感にくらべ、どちらかというと、ホクホクして、ジャガイモの食感に近く
その親芋を生かしたのは、チャウダー

さいの目切りにして、ちょっととろみのついた、ホワイトソースで煮込めば、
口にした時にほくっとほどけるような食感は、ジャガイモと変わらず、美味しい美味しい!

根菜が美味しくなる時、冬が近づきつつある事を感じます・・

2019.10.24 KANZAアドバイザー 中西 智子