ブリスヴィラ歳時記 波佐見に住まう - 波佐見焼に春を盛る -

20200225-01.jpg「今日、ブロッコリーば沢山もらったとさ!お母さんと食べんね!」

波佐見の人は温かい・・
自分は必要が無くても、人のことが先に立って、色々と世話をやいてくれる・・

届けて頂いた採れたてのブロッコリー
新鮮な芽は、短時間茹でるだけで、すぐに柔らかく鮮やかな緑色に変身します
年老いた母には、有難いお野菜です

20200225-02.jpgさて、これに何を合わせようか・・と考えた時、
春の朝食を思い浮かべて決めたのは、フレンチトースト!

卵、牛乳、砂糖を合わせた中に食パンを浸し、バターでこんがり焼くこと数分・・
香ばしい黄金色の焼き目がついたアツアツのフレンチトーストを
色鮮やかな波佐見焼に盛りつけて、キラキラ光るハチミツをたっぷりかければ、食卓に春の景色の出来上がり!

20200225-03.jpg緑鮮やかな茹でたてのブロッコリーに旬のトマト、瑞々しい八朔とリンゴ、母の好物のバナナを添えれば色も味も、朝食として満点!

美しい音楽で空間を満たし、玉椿がほころび始めるのを眺めながら
心弾む春の一日が始まります・・

2020.2.25 KANZAアドバイザー 中西 智子