ブリスヴィラ歳時記 波佐見に住まう - コロナ禍に陽の目を見た器 -

20201109-2.jpg

気に入って買ったはずの器たちの中には、お蔵入りしてしまう器が意外と多いこと・・

しかしながら、時代のニーズに併せて、突然、蔵から陽の目を見る器があります


それは、マスク置き!

母からもらったこの器は、ベッドサイドテーブルに置いて、小物入れに使っていたものですが

いつの間にか埃をかぶるようになりました


20201109-1.jpgコロナ禍となり、マスクが必需品となった今、その定位置が欲しくなり、

この皿を鏡台の前に置いたら、ぴったり収まること!

マスクのサイズにも合い、皿の模様がそれとなく様になる景色・・

家に帰って外したマスクは、定位置を決めれば、どこに置いたか忘れることもありません


磁器でしたら、簡単に洗えることから、衛生面でも望ましいです

洗って使えるマスクは、器にも優しく、相性も良いようです

新しい生活様式は、新しい気づきを与えてくれています・・

2020年の秋は分散型 波佐見あちこち陶器まつり が各所で実施中!

・波佐見やきもの通り秋まつり2020 11月20日~24日
・波佐見インター街道秋まつり   11月21日~23日
・秋の陶器めぐり in 波佐見講堂   11月21日~23日

2020.11.9 KANZAアドバイザー 中西 智子