ブリスヴィラ歳時記 波佐見に住まう - 朝霧 -

20210316-1.jpg

桜開花の便りが、心を明るくしてくれます


お彼岸前の波佐見の午前六時は、まだ夜明け前・・


外は朝霧に包まれていることも多く、ポタポタとしたたるのは、雨どいから落ちる水の音

家のあかりが灯り始める頃、毎朝、東前寺の鐘の音が、ミナミ田園に響き渡ります

それを聞いた小鳥たちが、一斉にさえずり始め、人々に朝が来たことを知らせています

20210316-2.jpg 20210316-3.jpg


川沿いを歩くと、すぐそばでウグイスが鳴き、それに呼応して、近くの山で、別の鶯が「ホーホケキョ!」

そう、あなた方は、春の主役ですとも!


朝霧は3月頃まで、晴れて暖かかった日の夜、急に冷えて、迎える朝が晴れて風がない時に出ると言われます


20210316-4.jpg朝霧に包まれた町が、ぼんやりと明るくなる時、青い空気に抱かれる感覚を覚えます

青い空気の抱擁で、桜堤ロードがピンクに染まるのは、間もなくのことです・・

 

2021.3.17 KANZAアドバイザー 中西 智子