ブリスヴィラ歳時記 波佐見に住まう - 秋の声 -

20210910-5.jpg

季節の移り変わりと共に、自然から聞こえてくる音も変わっていきます

日もとっぷり暮れて、辺りが暗闇に包まれる頃、ブリスヴィラで出迎えてくれるのは

コオロギや鈴虫たち

リーンリーンと響く恋の誘いに、他の虫の音が幾重にも重なり

一日の疲れを癒してくれます

20210910-4.jpg 20210910-3.jpg 20210910-2.jpg


いつの間にか、カエルの鳴き声が聞こえなくなりました

夜、気温が下がり、稲が実るにつれ、田んぼが乾いて来るのもその理由の一つかもしれません


歳時記にある「秋の声」とは、

秋に聞こえてくるすべての音を表します

虫の音、乾き始めた葉が触れ合うカサカサという音、踏みしめる枯葉の音もしかり・・

人の心のありようで、その音は深くもなり、さらっと聞き流したりするものでしょう


20210910-1.jpg夜が明けると、青空には白い雲がぽっかり浮かび、夏と秋の交錯する時間を演出してくれます


今年も黄金色の季節が訪れつつあります

いつもと変わらず巡りくる季節の恵みに感謝をささげ

至福の時間が波佐見に流れます・・

2021.9.10 KANZAアドバイザー 中西 智子