ブリスヴィラ歳時記 波佐見に住まう その2

DSC_2489.jpg波佐見に移って、二か月が経ちました。
住み始めたら、もっと毎日のようにブログを書くことができるのでは・・と思っておりました。ところが、なんのなんの!日々の生活に追われると、その存在すら忘れてしまう有様・・

事の成り行きから、東京との二重生活をすることになりましたが、結果的に文字にしたい波佐見の生活が見えてくるのは、日常から離れた時のようです。

波佐見の生活では、日常に浸透した豊かな自然の恵みをつくづく感じます。去年の今頃、まだ更地だったブリスヴィラの土地を訪れた時に鮮やかな新緑の景色に心を躍らせたものでした。今もその時の名残を周囲の景色に見て取る事ができます。土手に生える柿の木は、鮮やかな若葉が日に日に育ち、桜に続けと言わんばかりに、つつじ、山吹、雪柳など次々と、花をつけていきます。彩り鮮やかな日本の里山の春の景色が繰り広げられ、入学式や入社式など物事の始まりのエールを、自然は無言のうちに見せてくれています。

DSC_2486.jpg都会の喧騒の中で、目を閉じて思い出されるのは、露天風呂から見える美しい星空、新緑の麦畑に浮かぶ満開の桜、地面を這うようにして咲く名もない草花、円窓から見える新緑の紅葉・・心は如何様にも美しい景色を繰り広げてくれます。それは波佐見での記憶があればこそ・・

波佐見は、日本人の心に、美しい里山の景色の記憶を思い出させてくれるところでもあります・・

地元では「何もなかところよ~」と仰る方もいらっしゃいますが、外から訪れた方々が心満たされるのは、「すべてがあるところだから」と思えてなりません・・

2015.4.23 ロビーマネージャー 中西 智子